シミを消したいならハイドロキノンが有効

昨日まではなかったはずのところに新しいシミが出来ていてびっくりすることはありませんか。
また日に日に濃くなっていきます。
シミがあると一気に老けて見えるのでなんとかしたいと思っている女性は多いはずです。
でも出来たシミを消すことは難しいのでファンデーションやコンシーラーを使って隠そうとする人が多いと思います。
しかしその方法だとついつい厚化粧になり肌を傷めてしまったり肌が汚く見えてしまいます。

シミの原因はメラニンと関係があります。
表皮が紫外線を浴びるとメラノサイトに指令が下りメラニンを生成し肌を守る働きをします。
しかし強い紫外線を浴びたりすると過剰にメラニンが作られるためメラニン色素が肌に蓄積し色素沈着し黒ずみになります、それがシミなのです。
人間の表皮は層になっているので一番下の層の細胞が分裂して上に押し上げられ最後には剥がれ落ちるというターンオーバーを28日周期で繰り返しています、そのため通常の日焼けの場合1ヶ月で消えるので問題ありません。

ところが紫外線を浴びる量や時間また加齢など様々な原因によりターンオーバーが追いつかなくなるとメラニンが消えず黒ずみなります。
一般に販売されている美白化粧品はシミを消すためのものではなく、防ぐためのものです。
そのためできた黒ずみを消したいという人には効果がありません。

消す効果として期待できるのは、ハイドロキノンです。
この成分は漂白効果があり、お肌の漂白剤とも呼ばれています。
シミの原因であるメラニンサイトに直接働きかけてメラニンの生成を抑制してくれるためシミを作り出す酵素を抑えることで、今あるシミを抑えこれからのシミを作らないという効果も期待できます。
トレチノインは、お肌のターンオーバーを促進するため肌の表面細胞が生まれ変わり古くなった細胞を排出させる代謝を高める作用があります。
いわゆるピーリング効果で皮膚に一時的に炎症を起こしその修復過程で皮膚が剥がれ肌を再生させていくというものです。
ハイドロキノンとトレチノインは働きが全く違うため併用することで相乗効果が期待できます。

ハイドロキノンはトレチノインとの併用がより効果的

シミを消したいという思いからハイドロキノンを使うことを決めたとしても、ハイドロキノン単独での使用の場合には効果を得るのにも時間がかかり、効果も実感しにくいでしょう。
そこで有効となってくるのがハイドロキノンとトレチノインの併用です。
なぜハイドロキノンとトレチノインの併用が効果的なのかというと、トレチノインを使用して皮膚のターンオーバーをはやめることにより、古い皮膚を捨てて新しい肌に生まれ変わり、その新しい肌がハイドロキノンによって白くなるからです。

しかしトレチノインとハイドロキノンを使う前には注意することもあります。
まずハイドロキノンとトレチノインを併用する前には医師に相談することをおすすめします。
自分ではシミだと思っていたものが実は皮膚がんであるケースも考えられ、使用する場合にも使用量や使い方について医師の指示を仰ぐことが必要です。
炎症が長引く場合には薄めにするなどの対処も必要です。
またハイドロキノンを中止してほかの美白成分に変更した方が良いケースも見られます。
判断に迷った場合には必ず医師に相談するようにしましょう。

またトレチノインを使用するときにはあえて副作用が出るような使い方を受け入れる必要があります。
トレチノインの濃度が低いと効果も弱くなる傾向が強いです。
赤みや乾燥、ぴりぴり感などの副作用を心配し、薄い濃度で使い続けてもなかなか結果が出ることはありません。
赤みやぴりぴり感などの症状をよく見ながら、濃度を少しずつ上げていくのがポイントとなります。

しかしトレチノインの反応が強く出過ぎてしまうと炎症から色素沈着が起こる可能性もあります。
あまりにも赤みやひりひり感が強い場合には濃度を下げたり、一時的に中止する必要もあるでしょう。
またそれ以外にもハイドロキノンによるかぶれも可能性があり、この両方がまざってしまった場合には症状が複雑になることもあります。
治療前にはアレルギーなどが起こらないか、パッチテストを行うようにしましょう。